自毛植毛主流の施術方法

毛髪の抜け毛、薄毛の改善手段として自毛植毛という方法があります。脱毛の原因として男性ホルモンの影響で髪が抜けてしまう男性型脱毛症等がありますが、側頭部や後頭部はホルモンの影響が少なく、植毛を行うには非常に適しているため、この部位の毛髪が移植に使われています。


また元々自分の毛髪を使って植毛を行うので、拒絶反応やアレルギー反応等も無く安全ですし、成功率も非常に高くなっています。

自毛植毛の相談の専門サイトのこちらです。

自毛植毛の施術は主にFUT法とFUE法というふたつの方法が広く使われています。


FUT法はメスで行う植毛方法で、まず後頭部等の頭皮を帯状に切り取ります、そこから髪が数本の束となって生えている、毛包の株分けを行い薄毛の部分に植え込んでいくという方法です。頭皮に定着しやすく発毛効果が高くなっています。
FUE法はメスを使わずに植毛出来るというものです。

狭い範囲の範囲の植毛で済む場合や、メスでの採取が難しいケース等にも適しています。

多角的な視点からYoutubeの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

この方法は毛根部の株を1ミリ程度にくりぬいておき、移植するための穴を移植部位に作り、そこに採取した株を植え込んでいくというものです。

採取する部位をバリカンで刈る必要がありますが、上の髪で隠す事も出来ます。



自毛植毛は毛根ごと移植するので、抜け落ちても生え代わり、また伸びてきます。また術後に特別なケアも必要としませんし、移植した部位は自然な形で定着し、浮いて見えるような違和感も無いので安心して行える植毛方法となっています。